エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ  
人々のハピネスのために仕事をするフェンリルを経営しています。他人のハピネスを考える事が自分のハピネスへの近道です。

     このエントリーをはてなブックマークに追加
ハピネスのために想像する範囲を広げよう
何かをするときに、どこまで想像する範囲を広げて考えるかがハピネスな人生では重要になってきます。

他人のハピネスを願う事ができる人は、自分の事はいつもハピネスです。
なぜなら、ゆとりがあるからです。

社会人の想像する範囲は次のような感じです。

1. 自分のこと
2. 家族、自分のこと
3. 顧客、家族、自分のこと
4. 自分のチーム、顧客、家族、自分のこと
5. 会社全体、自分のチーム、顧客、家族、自分のこと
6. 自分のすんでいる地域、会社全体、自分のチーム、顧客、家族、自分のこと
7. 日本、自分のすんでいる地域、、(中略)、、自分のこと
8. 世界、日本、自分のすんでいる地域、、(中略)、、自分のこと
9. ...


野球でも同じです。
想像する範囲が広い人ほど自分が何をすべきかを理解することができます。

1. 自分
2. 味方、自分
3. 敵、味方、自分
4. 観客、敵、味方、自分
5. 自分の球団、観客、敵、味方、自分
6. 野球界、自分の球団、観客、敵、味方、自分
7. ...

想像する範囲が広い人ほど上手なはずです。
プロの選手は観客のことまで考えます。
イチローさんや新庄さんもそうだと思います。
野球界のことまで考えている素晴らしい選手もいますよね。


想像する範囲を広げる!そして未来まで考える!
ハピネスな人生を送るために必要なスキルだと思っています。

自分のことだけではなく、家族や、周りの人のハピネスまで考えてみましょう。
そうすれば想像できる範囲が広がりますので、自分自身を客観的に見ることができ、自分自身もハピネスを感じるようになります。

思考は広く、深く、遠くへ。
[PR]
by tabbrowser | 2008-09-21 16:29
<< 他人をハピネスにするということ 未来を想像することでハピネスな... >>


Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム