エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ  
人々のハピネスのために仕事をするフェンリルを経営しています。他人のハピネスを考える事が自分のハピネスへの近道です。

     このエントリーをはてなブックマークに追加
他人をハピネスにするということ
ハピネスは自分で感じるもの。つまり自分の考え方で決まります。
今回は、自分のハピネスだけではなく、枠を少し広げて、他人のハピネスまで考えてみました。

「幸せにします」って言葉はよく聞くと思います。
では他人をハピネス(幸せ)にするってどういうことなのか。

例えば、甘やかす事、困っていたら助けてあげる事、、、これが他人を幸せにするかどうか。
甘やかしたら、感情を振り回し、他人に気を使わない人になってしまいます。
いつも助けて上げたら、誰かが手を差し伸べてくれるのをまつ人になってしまいます。

他人をハピネスできるかどうかは、教育にかかっていると思います。

自分がハピネスを感じるようになった過程を、他人にも経験してもらえばいいのです。
また、間違った方向に行っていたら、それを止めて上げればいいのです。
そのためには、どうすればハピネスを感じられる人間になれるか、どうすれば不幸を感じるようになるかを深く追求しなければなりません。
その上で正しい方向に進めば褒めて、間違った方向に進めば叱り、進まなければ正しい方向に進むように背中を押して、それを繰り返すのです。

他人と過去は変えられない、と言います。
しかし教育は他人のために、自分の時間を犠牲にして他人を変える行為です。
変わらないという他人を、他人のハピネスのために変える事ができる人は素敵だと思います。

日本でも、自分の利益を犠牲にして、他人の利益を考えられる視野の広い人が増えるといいなぁ。
[PR]
by tabbrowser | 2008-09-29 16:50 | ハピネス
<< iPhone アプリケーション... ハピネスのために想像する範囲を... >>


Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム